一般社団法人JATI協会

  「アスベスト診断士®」資格認定制度の概要 



 「アスベスト診断士®」は一般社団法人JATI協会の登録商標(商標登録第4944039号PDF)です。当協会の許可無くこの名称を使うことはできません。

 旧社団法人日本石綿協会では、石綿に関する広範な基礎知識を有し、既存建築物等に使用されている石綿の調査や安全な取り扱いに関して適切なアドバイスを行える人材の育成をめざして、2005年7月にアスベスト診断士資格認定制度を発足させました。この制度は一般社団法人JATI協会が継承しています。

 アスベスト診断士は

  • どこにアスベストが使用されているかの診断
  • 使用されているアスベストの処理要否判断
  • アスベスト含有製品等の処理工事に関する、適正工事のチェック診断
を行うことを主な役割とします。なお資格取得の際に習得した知識により、アスベスト含有製品等の処理工事に従事する作業者に対する教育を行うことも可能です。

◎アスベスト診断士の登録等について

 当協会では、登録者に「アスベスト診断士登録証」を交付しています。登録証には、登録番号、氏名、生年月日及び顔写真等が記載されています。しかし、アスベスト診断士制度を改訂したため、2020年7月1日以降に発行した新登録証には有効期限を記載しておりません。

 なお、登録者は、名刺等に一般社団法人JATI協会認定「アスベスト診断士®」の名称を使用することができます。



TOPへ戻る   診断士TOPへ戻る

一般社団法人 JATI協会

〒108-0014 東京都港区芝5-15-5(泉ビル)